September 06, 2004

サーチエンジンは何処まで進化する?

新聞の一面を読まなくなって久しい。
まあ、毎日刻々と変化する情報がそこまで自分にとって価値があるかどうかという疑問もあるし、実のところ、朝には既に知ってしまっている情報を紙でわざわざ確認したいという気がしないからだ。げに、インターネット社会って便利だわ。新聞はもはや、論説委員のコメントか、過去のデータ推移の確認か、文化面の特集くらいしか価値がないんじゃないかしら、とすら思う。

いまや、インターネットに触れているかなり多くのビジネスマンにとって、最新情報はYAHOO!ポータルの右端トピックスから仕入れる、というのが常道ではないでしょうか?つまり、YAHOO!の右端に選別されるかどうかで、情報の速報性やニュース性などを判断する大きな材料となりうるってこと。YAHOOさん、いい加減なことってできないっすよ。

さて、YAHOOを採り上げたからGoogleも、と思ったが、Googleの場合は若干ニュースの表示形態が違う。Googleニュースをご覧になって頂いたらお分かりでしょうが、社会・国際・経済・・・という風にカテゴリに分類してあって、一行表示で分かるようにはなっていない。YAHOOの表示の仕方がニューストピックとしてのキャッチーさを狙っているとしたら、Googleの場合にはより構成を考えて真面目にニュースを採り上げたいのかな、とも思う。

わたくし的には、ニュースチェックだったらYAHOOに軍配を上げますが、とはいえGoogleも侮れじ。なんたって、Googleには電卓機能が付いている。試しに「9/6」とGoogle検索してみてください↓

dentaku.jpg

「1.5」って・・・ほんとに計算しちゃってるし。。

ま、無難な結論でなんですが、こうやってサーチエンジン同士がしのぎを削り、どんどこ進化してもらえば、まあ末端のユーザーがトクするってことで。とってもいいことなんでしょう。めでたし、メデタシ。

※追記※
ちなみに、Googleの電卓機能はホントに物凄い、というか下手な関数電卓を超えてしまったスペック。
四則演算だけならまだ可愛いもんで、階乗(!)や進数、三角関数、オイラー数に、度量衡単位の変更、、、と相当な領域までカバーしてしまっている。ちょうど良い事例がありますので、詳しくは↓のサイトをご覧ください。。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/yama-k/memo/googlecalc.html

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 12, 2004

犬は吼えるが、

みなさんとっくにお気付きでしょうが、かどぅちゃんねるは巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」に名前をあやかっております。いまを遡る事、5年とひとつき前、インターネット世界に産まれたこの革命的なウェブサイトは、当時の僕を朝から晩まで虜にしました。

豊富な話題(板)、センセーショナルな事件(佐賀県の少年バスジャック事件予告など)、「逝ってよし!」「オマエモナー」に代表された2ちゃん語・・・。
でも、何よりも僕が面白く感じたのは、「名無しさん」が生き生きと掲示板の中を闊歩するダイナミズムでした。

実生活ではまったく縁もゆかりも接触もない、それこそまさに「名無しさん」が、あるトピックを肴に喧々諤々の大論争ができる。
そこは、成りすましも芸能人も学者もネカマも関係なく、ひとはいつ通り過ぎ消えても構わない、ただロゴスだけが支配する楽園に思われました。

最近、知人の紹介で、とあるコミュニティサイトに登録しました。個人名(姓名)を入力し、ハンドルネームを指定して、これで入会完了。コミュニティサイトなので、基本的には人からの紹介でしか入れません。知人間でリンクを張ると、その知人の数を括弧付き・他人紹介つきで表示させることができ、学校名や会社名や趣味なんかでグルーピングすることも可能。
サークルだ、会社の同僚だ、趣味仲間だ、のある種のコミュニティの中で議論やネットワーク構築を深めたいと志向するひとには、これ以上に利便なサイトはないかも知れません。ネット社会ってここまで進んだんだなあ・・・。

・・・しかし、この会員制コミュニティには、何やら薄ら寒さを感じなくもない。

基本的には知人同士のネットワークなので、お互いを紹介しあって成立するわけだが、その紹介文のほとんどは個人への誉め言葉から成立している。そらそうだ。日常のセイカツを持ち込んでいる以上、そこには上司に部下に同僚、先輩や後輩、親に兄弟、、あらゆる糸に絡め取られるようにできている。知ってるひとのことなんてそうそう悪くは書けんもんだよ。

こういうサイトを待っていたひとは多いのだろうが、自由きままに何かしら表現をしたい人間にとって、この手の「手加減」は致命的な制約だ。書きたいこともろくに書けやしないような表現ツールなんて、組合の機関紙以下の価値もない。
荒野に出られない臆病犬は、せいぜい犬小屋で吼えてりゃいいんだ。

どうやら、僕には、野良犬のほうが性に合っている。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

May 20, 2004

アキバでリュックを背負っている人は約85%(ソフマップ店頭調べ)

アキバBlog(秋葉原ブログ):アキバでリュックを背負っている人は約85%(ソフマップ店頭調べ)

アキバBlogに、こんな記事が載ってました。いったいどんな意味がある調査なんだ?ソフマップ??
そして写真といい、、小生も軽い眩暈を覚えました。登山用バッグですか・・・という感じで。それにしてもこの写真、いかにも過ぎて、腹が痛い・・・・。

akiba.JPG

何回か前のブログで、「これからはリュックサックの時代が再び来る!」と書きました。⇒参考コラム
しかし、まだまだ道のりは長いようですねえ・・・。

ちなみに僕の想像してたリュックは、こんな感じ↓

gucci.JPG prada.JPG

・・・ま、所詮、かばんなんて、モノが入りゃいいんだろけどさ。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

April 28, 2004

自民党への就職!?

リクナビ:自由民主党本部

思えば、僕の就職活動時代なんて、企業宛に手書きでシコシコと葉書をしたためていたものだ。折りしも就職氷河期。手にマメを作っていた日々すら懐かしい。
・・・しかし、すごいね、最近のインターネット就職市場ってえ奴は。

「新時代ニッポン創造空間。豊かで生きがいの持てる日本、そして平和な世界をつくるために、あなたもともに働きませんか? 」

こんな文字が普通にフロムAなんかに踊ることなんて、まず無いだろう。平和には僕も大いに賛成だが、そんな職場なんてあるのか??
でも、次の瞬間、全て合点がいった。

「ジユウミンシュトウホンブ・自由民主党本部」
「団体・連合会/その他サービス 」

・・・なるほど。。
いまの学生さんは、ふつーーにリクナビで調べて、こういう『会社』を就職先候補にすらーーっと入れてしまうのか?
なんとも、楽しい時代になったではないか!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 25, 2004

新選組・各隊士のgoogle検索結果

新撰組幹部隊士のgoogleでのヒット件数(2004/4/25・PM9:00現在)を調べてみた。知名度・人気のバロメーターとして考えてみると、面白いかも知れない。というわけで、結果は下図の通り!

やはり、というか、土方歳三恐るべし。局長の近藤を押さえての堂々1位。そういえば、NHK大河ドラマの山本耕史もハマリ役だと思うしなあ・・・。2・3位の近藤・沖田は想像できたところか。

残った幹部隊士では、芹沢鴨を除けば永倉・斎藤と続く。永倉は試衛館四天王の面目躍如か?ちなみに、組長以外の幹部隊士では、山崎烝が1,910件、島田魁が1,730件だった。

漫画や小説の登場回数に比例してる、といえばその通りだな。というわけで、ほんのお遊びの試みでございました。。

芹沢鴨7,740
新見錦717
近藤勇30,300
伊東甲子太郎3,600
山南敬助2,970
土方歳三33,700
沖田総司25,200
永倉新八7,480
斎藤一5,920
松原忠司635
武田観柳斎861
井上源三郎2,610
谷三十郎737
藤堂平助4,820
鈴木三樹三郎487
原田左之助3,520

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2004

幹事長、美味そうっすね・・・って!?

幹事長のブランチ

美味そうなおでん定食っすね・・・でも、エイプリルフールのネタでしょ??、だなんて思いきや、箸袋にはしっかり、「自由民主会館」。ホンモノじゃーーん!?

昨日深夜の平沢勝栄代議士のバラエティ番組MCも驚いたが、たんたんと定食の写真を撮られている幹事長にも驚いた。さすがは師弟コンビ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2004

ドラえもん秘密道具の学術調査・・・。

Yahoo!ニュース - 社会 - 共同通信

Continue reading "ドラえもん秘密道具の学術調査・・・。"

| | Comments (0) | TrackBack (3)

March 26, 2004

ほっと一息の画像

pya!

Continue reading "ほっと一息の画像"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2004

かどぅちゃんねる、はじめました。

日々のよしなしごと、ときには政治、文学、哲学に至るまで・・・色々と展開していきたいと思います。
お付き合い頂ければ幸いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)