« レゾン・デートル | Main | 仮にそれが虚構だとしても、 »

August 27, 2005

NANAふたたび

同じモノを食って、同じ服を着て、同じ景色を観る。なのに、どうしてこんな視点を持てるだろう。

矢沢あいの才能には、ほんとに驚かされる。

ちょうど1年前のコラムでも、矢沢あい「NANA」を取り上げたが、いよいよ映画も公開されるし、ますますNANAの支持層が広がっていくように思えて、楽しみでしょうがない。
「天使なんかじゃない」のときから巧みだった複数のキャラクターの心情操作に加えて、本作では「当たり前」の風景を再解釈して、別の意味づけを提示する力がまた高まったように思える。まあ、僕のミソッカスな薀蓄など、どうでもいい。

見慣れた風景をどう観るかで、心のありようなど変わるもの。
「新しい」とは、そういうことだ。

|

« レゾン・デートル | Main | 仮にそれが虚構だとしても、 »

Comments

このブログを読んで、妹から「NANA」を借りて初めて読みました。
それから「ご近所物語」やその他・・・
ナナはすごいカッコいいし好きなんですけど、わたしはどーもハチが好きになれません。
それはわたしが女だからなのかなぁ・・・

Posted by: akari | September 05, 2005 at 09:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/5658743

Listed below are links to weblogs that reference NANAふたたび:

« レゾン・デートル | Main | 仮にそれが虚構だとしても、 »