« どうするよ、お祭りバラエティ。 | Main | 「運命じゃない人」 »

July 27, 2005

「地獄甲子園」

恥ずかしながら、この国に生を受けて30年。
一度も、野球をやったことが、無い。

けれど、この映画を観た後は、バットとグローブを持って駆け出したくなっちまったよ。

jigoku_koushien

いやあ、酷い、酷い、ほんとに素晴らしく酷い感動映画だ。こっから先はネタばれになるのだろうが、まあ、観るひとなんて居ないだろうから良いやね。
死んだはずなのに生まれ変わるナイン、主人公が必死に編み出した魔球など全く使わない、プロセス無視のクライマックスシーン、名台詞の数々(「てめーらには教えてやんねー!糞して寝ろッ!」 )、、。

・・・実に、漫☆画太郎先生の無軌道な原作に忠実だあ!
感動など誰も期待してない映画だけに、ここまで監督が下らなく作ってくれると良い。真面目に下らなく作るってのは、すっごい高等なテクニックだと思う、いや、愛情の表れだと思う。感動した!

それに引きかえ、実写版「デビルマン」ときたら。。

|

« どうするよ、お祭りバラエティ。 | Main | 「運命じゃない人」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/5169687

Listed below are links to weblogs that reference 「地獄甲子園」:

» 「地獄甲子園」 [恥争論]
映画化できるハズのない作品である。 恐らくほとんどの読者が映画化という概念すら持っていなかっただろうと思う。 だが、映画化されてしまった。不思議である。 それで俺もDVDで見てしまった。 かなり不思議である。... [Read More]

Tracked on July 29, 2005 at 12:11 AM

« どうするよ、お祭りバラエティ。 | Main | 「運命じゃない人」 »