« 「タカダワタル的」 | Main | 「地獄甲子園」 »

July 24, 2005

どうするよ、お祭りバラエティ。

電車内、目の前に立ってた男子中学生3人組の会話が面白かった。

「なんかさあ、最近の番組ってつまんないよね。芸能人がお祭り騒ぎして、必死に盛り上げてるけど、内輪受けって感じ?正直寒いし。」

僕は内心、『だったら見なきゃいいのに・・・』と軽く突っ込みを入れつつ。
しかし、チューガクーセーにも見透かされる位に、現在のテレビには何かしらつまらない要素があるのかも知れない。やや、視聴者のメディアに対するリテラシーが上がったのかも知れない。
いまや、TBS夜のニュース番組のあのおじさんの発言が偏向していることなんて、視聴者は皆知ってるわけで。しかもゲストときたらサヨクで鳴らしたちょっと昔の運動家崩れみたいな連中。テレビの中から香ばしい薫りがしそう。一方、フジテレビの休みの朝には、なんとも勇ましくも隔世の感のある豪傑君どもがわんさか喋くっている。汗の匂いがなんとも清清しい。
まあ、簡単に言えば、制作者側の意図が透けて見えたり、報道局の持つカラーがニュースの論調や取り上げるテーマの選択に少なからぬ影響を与えることくらい、今や誰でも解っているわけ。

・・・話が逸れてしまった。

そう、ふっとこういうことを考えたのは、フジテレビの丸一日がかりの特番を見ていて、である。
そもそも僕は、お祭り色の濃いバラエティ番組が嫌いじゃない。その昔の「俺たちひょうきん族」や「夕焼けニャンニャン」なんかは、お祭り番組として実に折り目正しいものだったし、リアルタイムでは知らないが、「コント55号の裏番組をぶっとばせ!」も今にして思うと、一世を風靡した理由には頷ける。
思い返せば僕は選挙特番なんかも大好きで、1986年の衆参同日選挙などは、小学校を早退してテレビにかぶりつきだった。別に政治の中身に興味なんて有る訳がない。ただそこに、「祭」を見ただけなのだ。

けれど、メディアの世界は確実に多様化してきているのかも知れない。少なくとも、祭りを楽しむ心性において。

日テレの「ミンナのテレビ」にせよ、フジの「25時間テレビ」にせよ、制作サイドには、「俺たちが面白いと思うものを作れば、視聴者が喜ぶ」という図式が色濃いのだと思う。それは確かに重要な発想ではあるにせよ、時代の趨勢っちゅうものを認めにゃいかんのじゃなかろうか。
正直、よそのガッコでやってる文化祭を観に行ったような感覚な訳です。我褒めや身贔屓を繰り返す様を、視聴者はどう楽しんだら良いやら、ちょっと困っちゃう。おじさん走らなくてもいいから。金粉塗らなくてもいいから。同じ祭りやるなら、もちょっと、スマートにやれないかなあ・・・。

それにもはや、テレビの世界は時代遅れなんですよ。周回遅れ感が痛々しい。
テレビに取り上げられた頃には、世の中の一定層(特にインターネットやってる人間)には周知明白の事実になっちゃっていることが多い訳です。インターネットは信頼と情報の確度を引き換えに即時性を選ぶメディアだから、まあ、当たり前なんだけどね。

極論すれば、僕らは「じゃあ、観なきゃ良いじゃん」な訳だけど、それでも起死回生の方策を含めて、テレビメディアは真面目に「面白さ」ってことが何か、を再定義した方がいいんじゃないかな、と思ったりしました。

どうするよ、お祭りバラエティ。

|

« 「タカダワタル的」 | Main | 「地獄甲子園」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/5134402

Listed below are links to weblogs that reference どうするよ、お祭りバラエティ。:

« 「タカダワタル的」 | Main | 「地獄甲子園」 »