« June 2005 | Main | August 2005 »

July 29, 2005

懐疑は踊る、されど・・・

学校教育を題材にした今期のドラマが面白い。

TBS「ドラゴン桜」と日テレ「女王の教室」である。どちらも、主人公が型破りな教育の方法論を持ち込み、生徒との対立・違和感を超克しながら達成へと向かっていく様を描いている。

重要なのは、2つのドラマに通底するメッセージである。それは大雑把に言えば、「現在の日本はもはや平等とは言えず、そのような幻想は捨てるべし。優位者に搾取・支配される側に成りたくなければ、勉強しろ!」ということである。いやはや、なんとも解りやすいアジテーションでございますこと。だけど、ある種の真理も有る。

誤解を恐れずに言えば、ひと昔前の教育は「優秀なレイバー層」を多く輩出することが求められていた。ここでは、右肩上がりの成長というある種の「大きな物語・ユートピア幻想」が支配的な空気だったわけだし、その物語に則って、誤謬無く処理できる能力こそが重要であった。実はこの構図自体も、被支配層(こういうコトバ遣いは誤解を受けそうだが・・・)から観たメリットそのもので有った。

しかし今や、物語は崩壊してしまった。

代わりに頭をもたげて来たのは、「意識的・自覚的に生きなくてはいけない」焦燥である。同時に、被支配層が代替わりを迎える中で、社会の有力なポストは新たな層の参入を認めない強固なものへと、緩々変わっている。
佐藤俊樹が「不平等社会日本」でしきりに述べているのは、こうした社会が閉塞感を生むことへの危惧だったりする。

今頃になってこういう問題をドラマで取り上げるのも、なんともマスコミの鈍感っぷりが笑える訳だが、しかし、そのメッセージを出すこと自体は重要だと思う。一方で、こういうドラマやったって、世界は変わらないという諦観も僕の中には有る。毎回ドラマの終了後には、クレームが絶えないという。いやあ、眼が開いてても、見えないものってあるんですな。
このドラマがターゲットに据えている、啓蒙(敢えて「啓発」ではなく「ケイモウ」と書きたい)したいと思っている層はまさしく、いちいち電話しちゃうような「踊らされる人々」なのだから。

あ、さて、
職場の同僚曰く、「インターネットにはある種の平等性がある」という。先に挙げた階層化する社会の中で、ある種のリベンジ・逆転をしたいなら、新興の軸・枠組みの中で戦っていくべきだということであろう。非常に明確なソリューションとしてこれを一定度、支援したい(一方でインターネット社会にも、リアルの枠組みが持ち込まれ、そこで従事する人間のプロファイルにはやはり、「selected」な人間が多いわけだが・・・)。

階層化の問題に関しては、僕もそれなりに一家言持っているつもりだし、教育が重要なキーを握るものという考えは揺るがない。だけど、まずは、今期のドラマ(制作者)のお手並みを拝見することにしておきたい。
ちょっと高踏ぶっちゃったかしら?

+++

「パンが無ければ、ケーキを食べればいいじゃないの」
 -Marie Antoinette

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 28, 2005

「運命じゃない人」

観て、ドキっとした三十代は僕だけじゃないはず。

unmeijanaihito

癖のあるエピソードの粒を、全体的にお洒落なタッチで纏め上げちゃった。たいしたパワーです。他のサイトが散々誉めているのでしょうが、とにかく脚本も構成も素晴らしい。邦画と2時間ドラマの違いもよく解らない僕でも、これは映画じゃないと描けないね。ハッキリ解る。

思えば、僕らは因果な時代に生まれ落ちた。

最悪の困った事態には誰かが救いの手を差し伸べ、颯爽とヒーローが現れてにっくき敵を蹴散らし、王子様やお姫様とは必ず何処かで出遭えるものだと思ってる。眠っている才能はいつか勝手に開花するものと夢見てる。

・・・んなわきゃーーねえ。

偶然も運命も、口開けてたって来る訳ないだろ。蒲団被ってたって明日は来ないし、窓を開けなきゃ陽は見えねえ。“ある日突然”、“いつかどこかで”なんて待ってたら、日が暮れちまうんだから。
夢が無けりゃあ生きていけないのかも知れない。けれど日常を積み重ねたとき、そこには、下手な夢なんかを遥かに凌駕するものがあるはずだ。

偶然を描かないドラマなのに、ずいぶん良い夢を見せて貰いました。ご馳走様。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 27, 2005

「地獄甲子園」

恥ずかしながら、この国に生を受けて30年。
一度も、野球をやったことが、無い。

けれど、この映画を観た後は、バットとグローブを持って駆け出したくなっちまったよ。

jigoku_koushien

いやあ、酷い、酷い、ほんとに素晴らしく酷い感動映画だ。こっから先はネタばれになるのだろうが、まあ、観るひとなんて居ないだろうから良いやね。
死んだはずなのに生まれ変わるナイン、主人公が必死に編み出した魔球など全く使わない、プロセス無視のクライマックスシーン、名台詞の数々(「てめーらには教えてやんねー!糞して寝ろッ!」 )、、。

・・・実に、漫☆画太郎先生の無軌道な原作に忠実だあ!
感動など誰も期待してない映画だけに、ここまで監督が下らなく作ってくれると良い。真面目に下らなく作るってのは、すっごい高等なテクニックだと思う、いや、愛情の表れだと思う。感動した!

それに引きかえ、実写版「デビルマン」ときたら。。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 24, 2005

どうするよ、お祭りバラエティ。

電車内、目の前に立ってた男子中学生3人組の会話が面白かった。

「なんかさあ、最近の番組ってつまんないよね。芸能人がお祭り騒ぎして、必死に盛り上げてるけど、内輪受けって感じ?正直寒いし。」

僕は内心、『だったら見なきゃいいのに・・・』と軽く突っ込みを入れつつ。
しかし、チューガクーセーにも見透かされる位に、現在のテレビには何かしらつまらない要素があるのかも知れない。やや、視聴者のメディアに対するリテラシーが上がったのかも知れない。
いまや、TBS夜のニュース番組のあのおじさんの発言が偏向していることなんて、視聴者は皆知ってるわけで。しかもゲストときたらサヨクで鳴らしたちょっと昔の運動家崩れみたいな連中。テレビの中から香ばしい薫りがしそう。一方、フジテレビの休みの朝には、なんとも勇ましくも隔世の感のある豪傑君どもがわんさか喋くっている。汗の匂いがなんとも清清しい。
まあ、簡単に言えば、制作者側の意図が透けて見えたり、報道局の持つカラーがニュースの論調や取り上げるテーマの選択に少なからぬ影響を与えることくらい、今や誰でも解っているわけ。

・・・話が逸れてしまった。

そう、ふっとこういうことを考えたのは、フジテレビの丸一日がかりの特番を見ていて、である。
そもそも僕は、お祭り色の濃いバラエティ番組が嫌いじゃない。その昔の「俺たちひょうきん族」や「夕焼けニャンニャン」なんかは、お祭り番組として実に折り目正しいものだったし、リアルタイムでは知らないが、「コント55号の裏番組をぶっとばせ!」も今にして思うと、一世を風靡した理由には頷ける。
思い返せば僕は選挙特番なんかも大好きで、1986年の衆参同日選挙などは、小学校を早退してテレビにかぶりつきだった。別に政治の中身に興味なんて有る訳がない。ただそこに、「祭」を見ただけなのだ。

けれど、メディアの世界は確実に多様化してきているのかも知れない。少なくとも、祭りを楽しむ心性において。

日テレの「ミンナのテレビ」にせよ、フジの「25時間テレビ」にせよ、制作サイドには、「俺たちが面白いと思うものを作れば、視聴者が喜ぶ」という図式が色濃いのだと思う。それは確かに重要な発想ではあるにせよ、時代の趨勢っちゅうものを認めにゃいかんのじゃなかろうか。
正直、よそのガッコでやってる文化祭を観に行ったような感覚な訳です。我褒めや身贔屓を繰り返す様を、視聴者はどう楽しんだら良いやら、ちょっと困っちゃう。おじさん走らなくてもいいから。金粉塗らなくてもいいから。同じ祭りやるなら、もちょっと、スマートにやれないかなあ・・・。

それにもはや、テレビの世界は時代遅れなんですよ。周回遅れ感が痛々しい。
テレビに取り上げられた頃には、世の中の一定層(特にインターネットやってる人間)には周知明白の事実になっちゃっていることが多い訳です。インターネットは信頼と情報の確度を引き換えに即時性を選ぶメディアだから、まあ、当たり前なんだけどね。

極論すれば、僕らは「じゃあ、観なきゃ良いじゃん」な訳だけど、それでも起死回生の方策を含めて、テレビメディアは真面目に「面白さ」ってことが何か、を再定義した方がいいんじゃないかな、と思ったりしました。

どうするよ、お祭りバラエティ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2005

「タカダワタル的」

『むかしゃ、新橋のガード下、ピカピカ一枚握りしめたら、魔法が使えたもんだ』

安吾は確か、こう言ってた気がする。
そして今日も僕は、魔法のあわいを味わっている。缶ビールたった2本で。

ひとり身のせむし男が、週末の夜に、酒場にも行かずに呑む酒も、まんざら悪くない。
十年前、気でも狂ったかのように聴いてたのは、やっぱりビートルズで、パスト・マスターズは良い。

魔法が解けるのがヤなもんだから、次のボトルに手を伸ばす。
まだ酒の味もわからないティーンの頃に、失恋を紛らして呑んだヤケ酒の苦い味なんて、もう舌先にすら残っていない。
酒が美味いだなんて言いたくないけど、随分、遠いとこに来ちゃったのかもね。

渡さん、今日は何処で、飲ってるのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »