« 図書館を持てない貴方に | Main | 「タカダワタル的」 »

June 26, 2005

遅れてきた「私」

オトコたる者、人間たる者、何某かの痕跡を世に残さねばならぬもの、と思っていた。

・・・この表現は過去形だ。
僕は小中高校時代を通じて、その時間のほとんどを生徒会活動に捧げていた。いわゆる「公共」の概念が人一倍強かったように思う。
今となってはよく覚えてないのだが、テレビで政治と代議士を扱ったドラマをやっていた。当時小学生だった僕は、何処か思うところがあったのだろう、奇しくもそのドラマの翌日に有った学級委員長選挙に立候補した。どちらかというと人の後ろに回りたがる自分を、どこか変えたい、と思ってたような気がする。無選挙で委員長になった。
中学は、マンモス校だった。昼休みになるとタスキを掛けて、全クラスを回る。2週間の選挙活動だ。1500名の前でのスピーチ、48名立候補して10名が生徒会役員に当選する。なかなかの難関だ。
お蔭様で、生徒会役員時代、僕はほとんどの集会を参加者側で見たことが無かった。文化祭や体育祭、僕はたいていの場合、舞台正面で何が起きているかを観たことが無かったように思う。

僕は何か何処か、「他人のために汗を掻きたい」と思って生きてきた。それがどんなにワザとらしく自己満足だとしても。

浪人生活を余儀なくされる中で、僕はすっかり内向きになっていた。
一人暮らしのアパートに戻ってきて、しおれた花になんとなく水をやる日々。やがて大学生になり、ひとと付き合い、友人と語らう中で、如何に「私」というものの存在を考えることが大事かと思いはじめた。

「修身斉家治国平天下」

己を築けて居ないうちから、天下国家のことを考えたって、しょうもないんだ。

時は流れて、いま、三十路になった。僕はまだ、自分の近くに居る誰をも、幸せにしていない。遅れてきた「私」はまだまだ、僕の中では十分に育ち得ていない。随分と遠回りをしてきたものだと思う。

そしてもうしばらくは、小学生中学生のあの頃抱いた気持ちは、取り戻せないのだろうな、と。しかして僕自身は、こんなウジったれた自分が嫌いじゃ、ない。もっともっと、変わりたいとは、思うけどね。

・・・ずいぶん、こっぱずかしいブログを、書いちまった。

|

« 図書館を持てない貴方に | Main | 「タカダワタル的」 »

Comments

ご無沙汰しております。
なんか作風が変わられたようで、非常に心に迫るブログですね。
私の中の何かが呼び起こされます。
またお邪魔しますね。

Posted by: ボス | June 26, 2005 at 04:24 AM

ボス様

ご無沙汰しております。ご来訪頂き、感激!です。
作風変わりましたか?(笑)、ここ最近は、自分のスタイルみたいなのを忘れ、あれこれと脱線混線してしまっております。。またこれも、ブログの持つ生き物っぽい味なのかな、と。。

コメント、励みになりました。小生もまた、ボス様のサイトにお邪魔させてくださいです!

かどぅ拝

Posted by: かどぅ | June 26, 2005 at 06:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/4710714

Listed below are links to weblogs that reference 遅れてきた「私」:

« 図書館を持てない貴方に | Main | 「タカダワタル的」 »