« 「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」 | Main | 繁忙、或いは甘えん坊 »

March 20, 2005

「昔は俺もワルだった」的オトナに憧れる

ずいぶんとヤンキーが多い田舎の中学校でしてね、ええ。

僕はそのガッコの中では平凡な生徒会役員、いや、気恥ずかしいけどどちらかと言うと優等生やってました。まあ、田舎だから、たかが知れたもんですけどね。。

ともあれ、ワルの質・量ともに、近隣では群を抜いていた。
全校生徒1500名は県下で最大規模。縄張り争いだか何だか解んないけど、近隣校との抗争やら、高校生をボコボコにした話やら、入学試験で乱闘騒ぎを起こした逸話やらで、引っ切り無しにニュースを作る学校だった。
うちの中学の制服を見ただけで、こそこそと逃げる他校生も居たくらいだ。そういった具合で、僕くらいひ弱っちい奴でも、虎の威を存分に借りることができて、ボンタン・裏地ムラサキの学ランを着ていたぐらいだし。その他大勢の相当に「シャバイ奴等」でも『悪のブランド』を享受できた訳だ。こんなガッコで何故ボクがサバイブ出来たのかについては、また何処かの機会でブログに書くとしよう。

さて、僕はどちらかというと、極の反対側に位置していたけれど、彼らが羨ましかった。あまり計算もせず直情径行な行動を取ったり、感情に応じて泣いたり笑ったり喚いたりしてたけど、ある種の人間味をとても感じさせた。何よりも羨ましかったのは、女の子にモテてた点。これがまた、ガッコでも有名な美人に限って、なぜだかどうしようも無いワルに惹かれるんだな。
そういえば、当時は映画『ビーバップ・ハイスクール』(ナス監督の御冥福をお祈りします)が全盛期で、この映画でも、とんでもない不良がすんごい美人に何故だかモテちゃうわけなんだなあ・・・。
これって結構、現実によく有る訳で。。

その頃オイラは思ってました。
「今はちょっと悪いくらいの奴等がモテルだろう、けど、いま勉強しておけば将来はきっとモテる時代が来るはず」と。

・・・それから15年。
ああ、そこそこ勉強しましたよ。でも、全然モテる時代が来ねえじゃあねえか。俺ってバカーーー!

そして今、こんなことを話す友人が居る。
「俺も昔はケッコウ、無茶やってさぁ・・・」
こういう奴は今でも相当にモテる。翻って僕には、無茶など縁遠い過去しかない。せいぜい麦茶ってとこだ。
・・・笑えねえ。。

そういう訳で、過去は振り返っても塗り替えられないので、未来志向で行こう思います。キッパリ断言させてもらいます。
「俺、明日から、ワル目指しますんで、ヨロシク。」

・・・三十路だぞ、俺。。。      orz


===
※追記:女性読者で、不良・ヤンキーに憧れた思い出の有る方、是非コメントをお待ちしております!

|

« 「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」 | Main | 繁忙、或いは甘えん坊 »

Comments

>ガッコでも有名な美人に限って、なぜだかどうしようも無いワルに惹かれるんだな。
筋金入りのワルならまだしも、ハンパな奴に持ってかれることも多いです。腑に落ちません。

奴らにあって僕に無いもの⇒はったり、勇気、捨て身
僕にあって奴らに無いもの⇒チンケな計算、やわなプライド、過剰な自意識

Posted by: 盥アットマーク | March 22, 2005 at 07:02 PM

>盥アットマークさま

ものすごい亀レスになってしまいました、、ほんとにごめんなさい!!(私のだらしなさに改めて反省・・・)

実は盥さんのご指摘、僕も一瞬ブログに書こうかどうか迷いました。。
 >筋金入りのワルならまだしも、
 >ハンパな奴に持ってかれることも多い
もう、ほんっと、これが悔しいのなんのって。。

でも盥さんの分析のように、こせこせした計算と捨てきれぬ自意識が邪魔して、萎縮した人間像を見せちまっているってことなんでしょうねえ・・

盥さんが「僕ら」と呼称している様に思わず涙。。

Posted by: かどぅ | March 30, 2005 at 07:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/3372744

Listed below are links to weblogs that reference 「昔は俺もワルだった」的オトナに憧れる:

« 「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」 | Main | 繁忙、或いは甘えん坊 »