« December 2004 | Main | February 2005 »

January 24, 2005

ノスタルジア不全症候群

時折、自分がどうやら情操欠落人間ではなかろうかと思う瞬間がある。

社会生活上のペルソナだか演技力だかのせいかも知れないが、ひとは僕のことを、情に厚い奴もしくは、昔の思い出や仲間を大事にしている奴だと思ってくれている。自分にとっても、「情に厚い・昔の日々を忘れない」というのは不利な風評ではないので、まあ、そのまま思わせて置いている。

でも、僕は明らかに、情操が何処か欠落した人間である。
少なくとも、僕には何某かを「懐かし」んだりする心性をほとんど持ち合わせていない、という点で。他者からの「情に厚い・昔を大事にしている」というイメージと、自分の実際の有り様とのギャップに、そろそろ僕自身もくたびれてきている。。

なぜこういう心性が起こるのか、正直自分自身でも解答を見出せてない。ただ僕は、過去よりも現在のほうが、ひとに対するノスタルジアよりも場所に対するノスタルジアのほうが、自分を惹きつけるということは習慣的に解っている。(そう、僕にノスタルジアが現前することが若干なりとも有るとすれば、それは「場所」のノスタルジアだ!(もちろん、正確には人と場所は不可分かも知れないのだが、ここでは厳密に分解して考える))

数年来の知己でも有る前職の同期は、懐かしそうに前の会社の仲間のことを話す。正直、細かな所までよく覚えているなと感心する。僕には、懐かしいという気持ちはおろか、記憶すらも湧いてこないのに。。void!(空っぽだ!)

ノスタルジアはその昔、病だと思われていた(クレヨンしんちゃんの映画評でも以前書いたが)。けど、それが病だとしたら、これほど甘美な病も無いだろう。ノスタルジアは、それを語ることで感情が揺さぶられる、誰かと繋がれる、、人生にとっての媚薬みたいなもんだ。

友人は言う。「ノスタルジーをどれだけ浄化できるかが課題だ」と。

僕には、折り合いを付けずに来てしまった過去が故に、カタルシスが足りないのかも知れない。また困ったことに、このことは、さほど喫緊に取り組むべき課題でもないから、始末が悪い。こういうことに気づくと、ボディブローのようにじわじわと自分の考える体力を吸い取っていく。

ざらざらとした自分の感情を少々持て余しながら、僕に出来る事は、自分の未熟な感情と訣別する瞬間を、ただじっと待っているだけなのかも知れない。

・・・そんな僥倖、来る訳ないのに。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 22, 2005

ケータイ騒動記。

去年の暮に、ナマいっちょまえにも、FOMAを購入した。

初めてのFOMA(フォーマ)。なんだか、名前がカッコいい。これまでのケータイはmova(ムーバ)で、いかにもアメーバの如きもっさりしていた響きだったのに、今度のは「フォ」で始まる。なんか、拗音使っているだけでも、オサレな感じですよ♪

とはいえ僕は、携帯ショップに行くといつも、若干の気遅れを感じてしまう。
何故だろう、昔から不思議でしょうがないんだが、こと携帯電話に関しては、機種の識別番号であるはずの「N900i」とか「D251is」とか、そういう番号名がそのまま商品名になってしまっている。僕はしばらく前まで、「N」だとか「900」だとか言われても分からんので、電機屋さんの店先で店員さんに、「なんで?どうして?」攻撃をしていたものだ。

・・・そんな僕が生意気にも、FOMAですよ、FOMA。ちなみに、FOMAは「Freedom Of Mobile multimedia Access」の略だそうで。買って1ヶ月。もう、いとおしくてしょうがなかった。可愛いぜ、FOMA!

が、蜜月は長くは続かない。一昨日からこいつがさっぱり、言うことを聞かないんだ。アンテナはバリ3なのに、常に圏外状態。メールはおろか、発着信が全くできない。水につけた訳でも、何処かに落としたでもない。昨日までは普通に話せていた場所なのに、今日は同じ場所が圏外なのだ。

Freedom Of Mobile multimedia Access」の為せる不自由に、ただただ、僕は苛立っていた。

ウェブサイトで調べてみた。
と、こいつはどうやら、札付きの不良(ワル)らしい。「気に入って買った物件がゴースト屋敷だった」なんて話がたまにあるけど、こいつもだったとは!圏外病の常習犯で、相当多くのひとが既にあらゆるサイトで不良具合を訴えている。困るんだよなあ、、某電機メーカーさんよぉ!!

まあ、とは言うものの、買った4WDがいきなり炎上したわけでも、トラックのタイヤがいきなり外れた訳でもないんで、同じ札付き不良グループのワルと言えども命には別状無い。ここは、ぐっと我慢してみるか、、、という今日この頃。。

・・・俺には手紙と筆ペンがお似合いってこと、か。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 10, 2005

「頑張る」

鬱病のひとに対して、「頑張って」という言葉を掛けてはいけないらしい。

うつ病とは決して「なまけ病」などではなく、「(生真面目で几帳面な人などが)頑張り過ぎた結果起こる病」であって、そういう人物に対して「頑張れ」と言うことは、頑張れないことをさらに自責させる逆効果に結びつくからである。
さすれば、「一億総うつ状態」とも言える昨今の状況では、不用意に「頑張って」という言葉など使おうものなら、もう、言葉狩りアカ狩り金縛りに陥ってしまうこと請け合いなわけで。。

・・・しかし、さきの大戦と戦後のどさくさを生き抜いてきたうちのお袋に、こんな理屈は通じない。
腹をこわしたら正露丸、頭痛発熱はバファリン、という純粋想起の如く、彼女にとっての励ましワードは「頑張れ」一本。思えば僕は、このボキャブラリー貧弱な母親のお陰もあって、小さい頃から如何なるときにも「頑張りなさい」以外の励まし言葉を掛けられた覚えがない。お陰様で、人並み外れた鈍感さも手伝って、いまのところは鬱にならずに済んでますが、ほんと、毎日毎日、一年365日、「頑張れ」って僕は言われ続けてきました。自分としては、それなりに頑張ってるんだけどなあ・・・とか思いつつ。

ふと、辞書で調べてみると。
*****
「頑張る」(三省堂「大辞林」より)
<「(我)には(張)る」の音変化、また「眼張る」の意からとも。「頑張る」は当て字>
 1 困難にめげないで我慢してやり抜く。
 2 自分の考え・意志をどこまでも通そうとする。我(が)を張る。
 3 ある場所を占めて動かないでいる。
*****
のようになっているそうな。

「頑張る」という言葉は、英語で言う「persevere(severeな状況にper(貫徹・耐久)する)」に近しいのかな。
うちのお袋のことを度々持ち出すが、戦中戦後を経験している人間にとっては、いま僕らが体験している会社や学校などのストレス自体も大したものには映らないのだろう。「如何な困難も、あのときの苦しさに比べれば大したものではない」という理屈はまあ、分かる。
・・・けど残念ながら、僕には「頑張る」の言葉が持つ魔法はもう、解けてしまったようだ。

最近、友人から、「そういうときにはいい言葉があるだす」と教わった。
                
                “Take it Easy”

なるほど。伝説のウッドストック。その夢かなわぬことを知った1970年代の米国を包み込んだイーグルスの名曲のタイトルもこれだなあ・・・。
先日、ウッドストックのドキュメンタリー映画を見たが、ジミ・ヘンドリクスの米国歌、ジャニス・ジョプリンの命を絞って歌うカリスマに、やられっぱなしだった。1960年代の最後の泡沫、そして、時代の夢が破れた後のメッセージが「気楽にやろうぜ」であるのは、考えてみれば日本の反戦フォークからニューミュージックまでの流れとも呼応するなあ、なんてオンガク素人ながらも感じる。おっと、だいぶん話がそれてしまった。

「頑張る」に対するカウンターワードとして、僕は“Take it Easy”にはひとを励ます力が未だ残存していると思う。古くて新しいこの言葉の魔法は、まだ解けていない。“Take it Easy!”

けれども、正直なところ、言葉そのものに何処までの意味と力があるっていうんだろう?

ある時宜に適い、ある意図を以って発した言葉は、仮にそれが「石鹸」であっても、「青空」であっても、何であってもいい。それが言葉を介在にした人間間で、強度を持って投げ合えることを確認できたならば、それは力のある言葉ということになるのではないだろうか。
“You say Good-bye” and “I say Hello”・・・ジョンとポールは互いにすれ違う。けれど、同時に二人は認め合っている(だから接続語は"but"でなくて"and"なのだろう、と勝手に解釈しているが)。
「Good-bye」と「Hello」と。これほどシンプルでも強度ある言葉を投げ合えた二人は凄い。

時代が「頑張る」ことを認めようとそうでなかろうと関係ない。
ただ、今、目の前に起きている状況に、そして自分が思い入れている誰かに対して、何かしら投げられる言葉があるならば、それが「オムライス」でも「カニサラダ」でも構わないから、届いて欲しいと思う。

・・・頑張る。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

January 06, 2005

瞬間する人生、再現する人生

田舎に帰省している時にやることなんざ、そう多くはない。

あの年末のごった返す空港では「ふるさとの訛りなつかし停車場の・・・(啄木)」てな句を思い起こすまでもなく、もう心は「回顧モード」に切り替わっているもので。かと言ってそれが積極的に生産的な何かの価値を与えている訳でもない・・・てな話はさて置いて。

ひさびさ田舎に帰り、回顧半分、自分の学生時代の授業ノートを手に取った。
我ながら驚くことに、整序された区画の中に色鮮やかに授業のメモが書かれている。思えば僕は、ノートが異常に奇麗だと言われていた。中学校の頃からペンと修正液しか用いなかったこともあり、消しゴムで消した後など作ったことが無い。テスト前には、クラスを跨って僕のノートのコピーが出回ることは多々有ったように覚えている。僕は訝しかった。己のノートを見ていて、薄ら寒さを感じた。自慢なんて1ミリもすべきことではない。
僕が自分のノートに薄ら寒さを感じたのは、異常に丁寧なことだけでなく、その動機だった。一体、何を目的に、このノートを書いていたのか。正直、書いた本人の僕も、ノートを作ることに懸命で、内容はすっかり忘れている。思い当たることがあるとすれば、「他人にノートを貸す/誰かが後で見る」ことが動機だった。
授業を楽しむでも、そこで学ぶでもない、僕は「あとから誰かに見てもらう」ことを目的のひとつに据えていた気がする。(一方で、その馬鹿丁寧なノートのお陰で、大学時代にはずいぶんと家庭教師・塾講師の際に役立ったが・・・)

旅行に行くときもそう。
美しい光景、旨い食事、楽しい会話。旅はその瞬間こそが楽しく、もう一度繰り返すことなんて出来ない。だからこそ、旅の醍醐味があるんだ。
・・・僕は馬鹿だ。旅するのは何か僕の中にある感受性のアンテナを総動員する瞬間なのに、その瞬間から既に「誰か第三者に伝える」方法を考えようとし始めている。誰のための人生?誰のために再現する必要があるのか?

こういう性質のせいか、僕は瞬間を楽しむことにおいて、随分と損をしてきたように感じる。
人生には繰り返せない瞬間や、取り戻せない邂逅がある。仮に僕が「再現できた」と思ったものも、それは僕というフィルタを通じての再現にしか過ぎない。正しく記述すること・記録することに、いったい何処までの価値があるのか。

・・・瞬間する人生、再現する人生。
僕はこれからも、ある行動を起こしつつ、その端から構築の手を止めようとしない自己と煩悶し戦うことになるのだろう。それでも詮無くも考える。再現し構築したい願望が和らげば、僕はもう少し「いまを楽しむ」ことが出来るのに、と。

i wanna be free!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

January 03, 2005

新年ブログ初め、なぜか台湾

皆様、あけましておめでとうございます。
本年のブログ初めでございます。

さて小職のお正月ですが、昨年は韓国、今年は台湾にて過ごして参りました。東アジアの中で太陽暦を使うのは日本くらいですので、旧正月を祝うこれらの中国・台湾・韓国あたりでは、さほど正月の騒ぎっぷりは派手ではありません。大晦日の台湾は、人だかりで賑わう夜市に居りましたが、元旦の瞬間にも数発の花火が上がっただけで、おばちゃん・おっちゃん達は淡々と夜店でバッタもんのブランド品を売ってました。
一方で、旧正月はこの上なく盛り上がりを見せるそうです。。

・・・とまあ、台湾の旅行記を展開したいところですが、それは又どこかの機会でわたくしのアジア考という形で述べさせて頂くということで。

皆様、本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »