« November 2004 | Main | January 2005 »

December 25, 2004

年の瀬のご挨拶

どうも、かどぅです。
気まぐれ程度にしか更新しないような、実に低視聴率のサイトながら、いつも、アクセスしてくださる方々がいらっしゃることには感謝感謝!です。

さて、ウェブログ(weblog)の“log”は「航海記録」という意味だそうですが、順調に波に乗る日ばかりとは限りません。ときには、難破や座礁をしかけたり、失速したりと。しかし、淡々と船の彷徨を記述することにこそ、本来の意義があるのでしょうね。

さはさりながら、見栄っ張りな僕は往々にして、混濁していない意識で書いた安定した文章をこのサイトに載せていようという気分が働いております。(自分の管理下でなく書くのは、たまの、短かーい訳の解らぬ詩もどき?位。ああいうときは大抵ひどく泥酔してますです・・・)

それでも、この数ヶ月は話が別でした。
身に降りかかった、また、自分の身から出た様々な出来事を軸に、常に混濁し、不安定で懐疑的で、日がな一日を心の暗部に向うことで過ごしておりました。僥倖も不運も、本当に、時を選ばず一斉に降りかかることが有るんですね。。

こういうときって如実に「構築の意思」に反映するもので、小人な僕はとても、ブログに手を伸ばす気にも、自分のサイトを見る気にすらなれなかったです。

・・・それでも、思うんです。

こうして、インターネットという広大な砂漠?だか、都会?だかの片隅で、居酒屋みたいな物を開いてて。たまーに旅人か好事家が探り当てて来てくれる。
そういう方々が居るからこそ、場末の居酒屋をやる意義があるのだ、と。

何がともあれ、細く、長ーく、気まぐれに、自分の心の彷徨の様をこれからも、このサイト上で晒して行こうと思っております。とまあ、妙ちくりんな決意を新たにしたところで。

今後とも、よろしくお願いいたします!

| | Comments (5) | TrackBack (1)

December 16, 2004

I wanna be free!

あの、極彩色のジェリー・ビーンズの、
しかし透けるように素直な味に、僕は魅せられている。

自分の作った蜘蛛の巣に、まるで絡め取られに行くように。
血のしたたるステーキを、不味そうなそぶりもなく、ほおばるように。

I wanna be free!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2004

知らぬ幸せ、知る不幸

人間が神様から与えられた数多の能力の中でも、最も高等なもの、それは「嘘をつく能力」ではないだろうか。

子供の頃の道徳の教科書には、やれ、「正直でなくてはいけない」という平板な教訓を伝えるために、狼少年の寓話あたりを持ち出して、「ほれ、正直でないとこんなに不幸な目を見る」と諭していたものでした。ま、脅しのテクニックとしても、三流だとは思うがね。。

無知な正直さは、時に他人を傷つけ、知らずとも良いことを知った途端、ひとはさらに苦悩を抱える。正直の美名は、暴力に等しいのではないだろうか。

   好奇心、ネコを殺す-Curiosity killed the cat-

十年来、行きたくてしょうがないカレー屋がある。知るヒトぞ知る、渋谷道玄坂の名店、ムルギー。
これまでも、行くチャンスは度々有った。人ごみ溢れ返る渋谷は苦手ながらも、偶に出かけては、道玄坂百軒店の坂をふらと登って、看板を確認する。僕が行くときは、なぜだかほとんど閉まっていた。
僕が九州で浪人時代を送ってた頃、大槻ケンヂのエッセイにその店は載っていた。まだ見ぬ「ムルギーカレー・卵入り」と、それをゆったりと運ぶお爺さんの姿、シャビーな店内に、昭和を思わせる焦げ付くカレー粉の匂い。。
見も知らぬムルギーは、僕の中での、ちょっとしたメルクマールでも有った。

それから十年。上京した僕は、路線も街の形も覚えたけれど、ムルギーカレーだけはお目にかかったことがない。
否、一度だけ、店内の灯りがかすかに漏れ、煉瓦作りの店が活況づいていた様子を見かけたことは有った。けど、僕は店には入れなかった。店に入ったが最後、何かを無くしてしまいそうで。

知らぬ幸せ、知る不幸。

臆病な僕には、知ることがもたらす残酷さに直面できるほど、骨太な心性は持ち合わせてないのかも知れない。
そして僕は今日も、甘美な嘘の世界へと逃げていく。

===
※盥アットマーク様のブログにTBをお送りしました!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 05, 2004

資格と仕事のジレンマ

日曜日の新聞に踊る、求人記事。

「MBA資格取得者優遇」とか「有資格者歓迎」の文字。こういう文字に色々と思いを惹起させられるのもまた、コンサルタントやっているせいだからなのか?なんて我ながら面白く感じてしまう。

さて、ビジネスマンにとって、資格の持つ意味は大きい。弁護士、MBA、CPA、なんとかアナリスト、、枚挙にいとまが無い。実際、こうした資格は就転職上、きわめて有利に働く(いわゆる「市場価値」が付く)わけだが、僕自身、実はこれに対してはちょっとした疑義を持っている。
以下、資格ホルダーの方を不愉快にしそうなことを書きますので、お読みになりたくないひとは、ここから先は読まないほうがいいですよ・・・なんちって。
*****

知人に、社内でも出色のキャリアウーマンが居る。常に新たなプロジェクトや先進的な案件は彼女の許に回され、また彼女もその期待に応えようとして頑張るタイプの人間である。そうしたことの積み重ねが、さらに新たな仕事を回されることにつながり、身体を壊すことも、深夜休日の仕事づくめも厭わない。当然社内での評判も、人事考課も極めて高い。けど、ふっと振り返ると、履歴書に書けるような、形式的・表面的な意味での資格キャリアが何も身について居ないことに気付く。
一方で、同じ会社に、うつ病を患った女の子が居るという。この子は、うつ病を理由に会社から療養休暇を獲得したわけだが、なんと、その療養休暇の間に、社労士の資格を取ってしまったという。うつ病って、何にもやる気の起こらない病気のことだ、とうつ病素人ながら耳にしたこと位はある。ま、途中で病気が治ったから資格が取れたわけで、そこはめでたしめでたし・・・なわけだが、何か何処かが、割り切れない気分がする。

こういう言い方は偏見だらけに聞こえるのかも知れないが、本当に忙しいときって、何も形になるものを残せないんじゃないか、と思う瞬間もある。逆に言えば、忙しくないからこそ、形あるものを残せるんじゃないか、と。
あまりパッとしないビジネスマンが、ある種のリベンジも含めて、有力な資格を手に入れる。ま、パッとしない現状を打破しようという意気や良し、ではあるにしても。だから、日曜日の新聞なんかに、「資格取得者求ム」系の記事を読むと、『現業で暇(或いは仕事上の出番が少なかった)を活用して取れた資格』を握った輩が、わんさかと押し寄せている様子が想像できてならない。

さきの彼女曰く、「社内研修なんかに行っているのはオヤジか、社内で暇なひとばっかり」だと。
けど皮肉なことに、社内で如何に有力な評価をされようとも、市場価値的に見れば、先程のうつ病資格ゲッターのほうに軍配が上がってしまうのが世間である。げに、世の中って不思議。

もちろん、資格ゲッターの中にも、自分をきちんと制御・コントロールして、与えられた領分の仕事をしっかりこなした上で、時間を工夫して作って資格を取っている人も居ます。そういうひとは、真に尊敬に値する。
けど、実際には、僕の友人にも居るんですよねえ・・・。会社生活で十分な成果が出せなくて、「法科大学院」あたりに挑戦しちゃって、実際に受かっちゃうひと。「なぜ、会社生活で成果を出せなかったか」を考えることに課題の本質があるとは思うのだが・・・。

ことほど左様に、「仕事の繁忙度」と「資格の取れにくさ」は、ある面で比例する関係があるのが矛盾では・・・と思ったりするわけですが、皆さんのお考えは如何でしょうか?要領の良さもビジネススキルのうち?ってか?(w

・・・え、僕?あ、もちろん、資格を目指して頑張りますよ!!(嘘)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 03, 2004

好きな女の子が目の前でキスされたら・・・

・・・久々のブログなのに、随分とくだらない仮定を考えてみた。

好きな女の子(男の子)が、目の前で他の男性(女性)にキスされてたら、人はどう振舞うんだろう?

別にそんなことは経験したこともないし、彼女居ない歴を続々更新中の僕としては、全く以ってどうでもいい仮定なんだが、でも、ちょっとした分類を勝手に作ってみる。選択肢は4つ(適当(爆)):

 A)好きな異性にキスした相手につかみかかる
 B)キスされた異性をなだめる
 C)自分も他の異性とキスをする
 D)ショックの余り、黙って家に帰って一人で泣く

心理テストっぽく見えるかも知れませんが、別にユングやら何やらの知識なく好き勝手に書いているだけなので、学術的なツッコミはご勘弁頂きたい・・・という前置きをしつつ。それぞれの解説。

A)を選んだあなた:
原因を外部にきちんと見つけて処理をできるあなたは、感情の消化不良は残さないタイプ。
でも、ちょっとだけ直情径行な部分もありますよね・・・。

B)を選んだあなた:
原因結果論よりも、相手の心理を優先して考えられる優しいあなた(それがポーズだとしても)。
でも、後でしこりを残さないようにするためにも、本当はスカッと気分を晴らすような行為があれば・・・とも。

C)を選んだあなた:
結果(アウトプット)を重視するタイプ。しかもその慰謝の対象は自分の側に向いているってのが面白い。
でも、他のひととキスしたって、好きなひとのキスが戻ってくるわけでもないのにね・・・。

D)を選んだあなた:
泣いて泣いて、酒呑んで、忘れて・・・。作家か何かになれば、それなりに内向きさ加減も開花するかも。
でも、泣くだけってのが寂しいなあ。。

皆さんは、どういう解があるんでしょうか?これ以外に思いついたら教えてくださいませ。
ちなみに僕の答えはこれ:

 E)キスした奴とキスをして、間接キスで上書きする

・・・うわっ。オレってほんと、変態かも。。久々なのに、ほんとにくだらないコラムでした!!

| | Comments (19) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »