« 知ることから逃げるために | Main | 持たざる強み、持てる弱み »

September 09, 2004

人生が、二度有れば

詮無いことを、考えた。

「人生が、二度有れば」

人生の中でボクが取った、取らされた、いくつかの分岐点のマジック。そしていま、ボクは、ここに居る。
なぜ、あのとき、あのバスに乗らなかったのだろう、なんて後悔は無い。やるなら全くのやり直しがいい。ロール・プレイング・ゲームのように、違う名前で、違う性別で、違う時代に、違う場所で、真っ白なカンバスから、やり直したい。
次のボクは、今のボクを知らない。

僕の座右の銘(笑っちゃうけど)は、「人生は何度でも、リターンマッチができる」。
意思あるところに戦略を敷き、その戦略が次の目的地までの水先案内になる。人間は、何度でも、その心掛け次第で生まれ変われるものと信じてきた。こんなにリアリストで、人並み外れて疑り深い自分としては、可笑しいまでの純情っぷり。

船は何処に漂着するのかな・・・Serendipity!
偶然の宝島なんて、見つけなきゃ良かった。珍しい宝石も、見なきゃ良かった。
幸運な航海は、僕の時計を狂わせる。

また別な国に漂着した。
言葉の解らぬ国に、言葉の解らぬ人が居る。心通う自信も持てない。
惜しいけど、そっと去る。
次の人生が有ったなら、言葉の解る国の住人になろう。いまのパスポートじゃ、使えないんだ。

雄弁な現実と、寡黙な未来とを、傍観する過去。
そんなに僕を睨みつけるなよ。苦しいよ。次の人生が懐かしく思える瞬間のはじまりだ。

・・・人生が、二度有れば。

|

« 知ることから逃げるために | Main | 持たざる強み、持てる弱み »

Comments

すごく魅力的な文章ですね。

人生が二度有ればと子供の頃からよく考えていました。
もし人生がリセットされたら「ランバダ・ダンサー」になりたいですね。ここだけの話。
20年前にあの踊りをTVで見た時に自分にはこれしかないと思いました。
朝から晩までラテン風に腰を密着させてクネクネ踊れたらどんなに素晴らしいものか…。
でも私ダンスが踊れないんです。ちょっとテンポの速い盆踊りのようになってしまって。
私の場合、もしかすると二度目の人生でも「ランバダ・ダンサー」を目指しているかもしれません。
すみません、下らないコメントで。

Posted by: mikio | September 10, 2004 at 06:49 AM

コメントありがとうございます。

ランバダ・ダンサーですか!!
ちょっとそこいらでは聞かない商売ですが、名前だけでワクワクする感じですね。mikioさんのお人柄にはマッチしてたりして。。今からでも、遅くないのでは?(笑)

わたくしも、いくつになっても、突拍子もない夢を想い続けられるようなオトナになりたいです。。

Posted by: かどぅ | September 11, 2004 at 02:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/1393645

Listed below are links to weblogs that reference 人生が、二度有れば:

« 知ることから逃げるために | Main | 持たざる強み、持てる弱み »