« 優しさと甘やかしの境界線 | Main | 変わること、変わらないこと »

September 19, 2004

少女漫画、舐めちょりましたm(_ _)m

ステレオタイプの罠、ちゅうか、ラベリングってえのはホントに怖いもんです。

なんといいますか、妙に目がキラキラしてて、白馬の王子様なんか登場しちゃって、愛だの恋だのばっかし夢みる麗しきオンナノコ♪みたいのが、少女漫画なんだと思ってました。家の漫画棚(結構色々とコレクションはあるつもりだが)には、男性作家の作品は有っても、女性作家の作品がほとんど無かったんですよねーー。つうか、女性の漫画家、なんだか読みにくい感じがして。かの名作、萩尾望都の「トーマの心臓」も、読み終わるのに何ヶ月もかかったくらいですし。。

ちなみに、家にもっぱら置いてあるのは、ちょい昔の男性作家の漫画が多いです。手塚・藤子両先生はさておき、ちばあきお、つげ義春、永井豪、横山光輝、池上遼一、諸星大二郎、、強いて恋愛モノ描いてると言えば原秀則くらいでしょうか。。

なぜに少女漫画が読みづらいか、それは一言で言えば、「恋愛」要素が必ずと言って良いほど入ってて苦手なんす。これでも俺(おい)、九州男児やけんね。女の子んことばっかし考えちょるとか、軟弱な感じがして、なんかすかんとよね。
・・・ていうわけでも無いけど、少なくとも、唯愛論(恋愛が無きゃ、生きていけない!)って、ちょい照れくさくてね。(そんな自分でも職場では、「みんな!人生は愛っすよ、愛!!」とかホザいて回っているから、我ながらいい加減なもんだと思うが(爆))

さて、話を本題に戻しますが、いい漫画に出遭いました。

   矢沢あい「NANA」(集英社Cookie連載中)

読んでみた。まあ、確かに、愛だの恋だのに耽溺しとるよ。ちゅうか、おめえ達もっと、天下国家のことを考えろよ!隣の国は核査察受けてるんだぞ、郵政民営化だってこの先どうなるか解らないんだぞ!!
・・・ってな、モテないおっさんの独り言は置いといて、、この作品、純粋に人間の描写がかなりきわどくシャープに描けてます。恋愛は確かにベースにあるんですが、女性どうしの所有欲やノスタルジーあふれる風景、夢キラキラではないリアリティある目標への実現プロセスの生々しさ、、これだけ詰め込めてもなお、散漫にならない作品は珍しい。

海辺の寒々とした光景はどこか、つげ義春の「長八の宿」に通ずるところがあるし、セックス・ピストルズへの賛辞に溢れたエピソード感や薄暗さも匂わせている。ちょっとばかし、主観が抜けない(物語としての思い入れなのだろうが、キャラクターに対する客観性・距離感をあまり作り込んでない)のは、この作者にとっての計算のようにすら、思えてしまう。ともあれ、最後まで見なきゃ総合判断はできないが、なかなかの名作の予感です。

実は本作じたいは未だ連載中でして、先がどうなるんだかも甚ださっぱり解りません。が、暖かく見守っていこうとは思います。いままで、『少女漫画』なんて、ぬるいカテゴライズしててごめんなさいです!あたしがバカでした。。

舐めちょりました!!m(_ _)m

|

« 優しさと甘やかしの境界線 | Main | 変わること、変わらないこと »

Comments

実は私もコミックが大好きで、近い内にコミック専門のブログを立ち上げようと思っているところです。

Posted by: mikio | September 20, 2004 at 12:49 PM

>mikio様
コミック専門ブログ!
立ち上げ楽しみにしております。その折には、ぜひご案内いただければ幸甚です。。

ーー
かどぅ拝

Posted by: かどぅ | September 21, 2004 at 01:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/1472939

Listed below are links to weblogs that reference 少女漫画、舐めちょりましたm(_ _)m:

« 優しさと甘やかしの境界線 | Main | 変わること、変わらないこと »