« 熱病からの卒業 | Main | 葦刈 »

August 15, 2004

TBSドラマ「逃亡者」

いやはや、毎回誰が犯人なのか、江口洋介は逃げきれるのか冷や冷やさせられますが。そんな中、ドラマを見ていて一つ、気になったことが、

それは、「意外にも公衆電話は多い」ということ。
ケータイ電話隆盛の昨今、街中で公衆電話を見掛けることなどすっかり少なくなりましたが、「逃亡者」の永井は、公衆電話を大いに活用して、逃走や諸連絡に役立てている。まったく、感心します。こんなに公衆電話って有ったのか!と。

わたくし気になって、公衆電話の設置台数、調べてみました。(下図)

public-phone_graph.JPG

どうやら公衆電話の施設数は、この10年以上連続で減少しているようですね。やはり携帯電話の急速な普及が背景にあるようです。また、設置されている公衆電話の構成を見ると、カード式の公衆電話から、デジタル公衆電話・ICカード式公衆電話へとシフトしつつあるうようで、2001年度現在では公衆電話全体の20%超が新式の公衆電話に取って代わった模様です。

劇中、永井が電話を掛けているシーンを見ると、どうも緑色の旧カード式電話を多用していることから、新式電話へのリテラシーはまだまだ不十分なことが窺えます。
NTT(東西)さん、無実の罪で逃走中の永井さんのためにも、どうか、緑色の電話、残してやってください!
お願いします!!m(_ _)m

|

« 熱病からの卒業 | Main | 葦刈 »

Comments

携帯の電波がつながりにくいところは設置してほしいです

Posted by: きちでんせいけん | August 16, 2004 at 09:56 AM

>きちでんせいけん様

そうですね。ケイタイの電波、意外に入らないところはまだまだ多いですし。山奥とかビル地下とか。
NTTを応援するのみ、でしょうか。

Posted by: かどぅ | August 17, 2004 at 04:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/1202246

Listed below are links to weblogs that reference TBSドラマ「逃亡者」:

« 熱病からの卒業 | Main | 葦刈 »