« 喧嘩売りの技術(若造編) | Main | 文科系オリンピック »

August 28, 2004

お釈迦さまの手の平で

立秋を過ぎると、街はあっという間に秋の匂いに包まれる。
行く夏を惜しむ気持ちよりも、次の季節への期待感が先んじて心を支配しそうになる瞬間。人間の感情や言説は簡単に外部のモノゴトで操作される。だからこそ、面白いのかも知れない。

さて、少しばかし、世俗の話をしてみたい。

コンサルタント仕事をしていると本当に凄いと思う人にたびたび出遭うものだが、今回取り上げたいのは、「話のディレクション能力の高い人」。
往々にして、「コンサルタント=先生」と巷間で思われている節もあるが、僕自身はコンサルタントの語源とも言われている、「Con(一緒に:“together”)+Sult(座る:“sit”)」という定義に従いたいと思う。さて、「一緒に座る」が語源だとすれば、あらゆる「(誰かと)一緒に座って物事を行う商売」はこれ即ち「コンサルティング」と言っても過言ではないだろう。医者もそうだし、キャバクラ嬢もそう、ホストも、易者も、みんな、コンサルタント。

「一緒に座って話をする」以上、ある程度の話芸は求められよう。
単に独善的に話をするようではうまく行かない。相手のプロファイルや表情や情況といった与件をもとに、融通無碍に話題を展開することがここでは重要だと思う。僕が驚いた「話のディレクション能力の高いひと」は、この能力がきわめて高い。
口数が多く、話がうまいからと言って、この能力が高いわけじゃあない。「ディレクション能力」とはむしろ、ある意味で受身であるように見えながらも、何故かこちら側の話が引き出され、話し易い空気を作ってしまう誘導力のようにも思う。老獪なテクニックのようにも思うが、実は老若はあまり関係ないようだ。
共感に目を輝かせ、素直な頷きと爽やかな持論を間に挟み、ときにはトボけたフリやだまされたフリをしながら、しかし何故か、話題の発端はすべて相手側から振られてしまっている。帰りしなに、「あれ、なんか気分よく話せちゃったなあ・・・」とこちらがようやく気づいたときには、既に相手の術中に嵌った後だったと知る。

何かを主張したいときに、「自分は、僕は、アタシは!」と強調するのはごく普通の方法。
いかな物語や作品に出会っても「あたしはこう思う」と、自分の居場所を崩さないひとも居る。それはそれで重要なことだと思うけど、僕にとってさらに高等なテクニックに思えるのは、相手からその「思い」を引き出し語らせた挙句に、自分はその中に持論を少し塗して余韻を残すやり方。これは後々に残る。
多くの場合、他人から何がしかの話を引き出す技術が上手く、それが自然であればあるほど、その能力の高さに気づかないものだ。これは、季節の変化が僕らの感情や言説に影響を及ぼすのとどこか似ている。慎重に気に留めなければ、季節や外界の微妙な変化には気づかないことは多い。けど、それがこちらサイドに与える影響はけっして小さくない。

翻って自分を考えると、どうもこれほどの技術を身につけるような本性も嗜好も持ち合わせてないらしい。こうなったらもう、好きなように踊らされるまましかないのでは???

せいぜい、上手に踊ってみよう。

|

« 喧嘩売りの技術(若造編) | Main | 文科系オリンピック »

Comments

あ~、こういう人いますよね。ほんとうらやましいです。

私の場合、コンサルティングを「言霊商売」と位置づけており、会話を重要視しています。
会話の効果度を測るには、結果自分が相手に力づけられたかどうかを見ることにしてます。
相手が私の会話に力づけられて何らかのヒントを掴んだ場合、自然とその前向きな姿勢が私を力づけてくれるからです。
もし、会話の後私が気分を害していれば、多分私が相手の気分を害したからだと思うんです。まぁ、「鏡効果」ですね。
人と話をすればいろんなすれ違いが生じるのは仕方がないことですが、意見の差異を超えて相手を力づけることを会話の目的しています。まぁ、たまにそのことを忘れて、相手と戦ってしまい、「もう、こんな奴と話をするもんか!」と大人気ない結果に陥ることもあります。まぁ修行が足りないですね。

Posted by: mikio | August 29, 2004 at 04:08 AM

>mikio様

コンサルタントはどこまで行けども、究極は「ヒトと繋がる」商売なのかも知れませんね。mikioさんのお言葉を借りれば「言霊商売」ということでしょうか。。

相手を力づけることで自分も力づけられる、ということの繰り返しこそが、mikioさん自身を仕事で楽しませ、モチベートさせ続けるものなのかなと思ったりもいたします。

僕もそういう境地に、一歩でも二歩でも、近づきたいものです。今後とも、よろしくお願いいたします。

Posted by: かどぅ | August 29, 2004 at 02:23 PM

>あらゆる「(誰かと)一緒に座って物事を行う商売」はこれ即ち「コンサルティング」と言っても過言ではないだろう。

それならわたしもいっぱしの「コンサルタント」を名乗っても許されそうですね(笑)
>「話のディレクション能力の高い人」
わかります。憧れます。ただ、生の人間として目の前に登場されちゃうと、わたしは「この人のこの裏は?」などとへそ曲がり根性で勘ぐってしまうかも~(爆)
たぶん腕のいい芸人とか、すんごいノンフィクション書く人とかも、きっと似たような能力なのかもしれないと思います。

わたし自身は「好きなように話してもらう」「話したくなければ黙ってもらう」スタイルです。あ、でもそれができる理由はわたしが会話以外で交流する手段を持っているからなのですね。。。

Posted by: たま | August 29, 2004 at 11:21 PM

>たま様
コメントありがとうございます!
忙しさにかまけて、ついつい、自分のサイトも見ずに過ごしておりました・・・。(ご容赦くださいませ)

さて、実は僕も今回の人物を取り上げたのは、たまさんがお感じになられているような部分も有ったからなんですよね。。
 >ただ、生の人間として目の前に登場されちゃうと、
 >わたしは「この人のこの裏は?」などと
 >へそ曲がり根性で勘ぐってしまうかも~(爆)
わたくしも勘繰り半分、面白さ半分というところでしょうか・・・(爆)
とりあえず最近は、思考停止をしているのかも知れないけど、敷かれたレールは思いっきり利用して走ってみる、という感じで、高度にポリティカルなスキルのある人物は生暖かく見守るようにしております(w

僕にも、たまさんみたいに会話に拠らない交流術があれば、話は別なんでしょうけどねえ・・・正直、羨ましいです。。

いつもながらのぐうたらな更新ぶりですが、よろしうお願いいたします!

Posted by: かどぅ | August 31, 2004 at 10:22 PM

>高度にポリティカルなスキルのある人物は生暖かく見守るようにしております(w

↑↑↑ めちゃめちゃウケました~!
さっそく見習わせていただきます (^_-)-☆

Posted by: たま | September 01, 2004 at 08:06 PM

結局自分の意見を押し付けるだけの人って、他人に興味がない人なんだと思います。

自分にしか興味なくて、自己顕示欲を満たしたいだけ。みたいな。

Posted by: キャバクラ人 | September 20, 2008 at 11:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/1299579

Listed below are links to weblogs that reference お釈迦さまの手の平で:

« 喧嘩売りの技術(若造編) | Main | 文科系オリンピック »