« 御用だ、誤用だ! | Main | ていたらくオヤジ?殴っておしまいなさい。 »

July 31, 2004

「シンプル・プラン」-獲得と喪失-

オタクが、マスの心をつかむ様子には快哉を叫びたい。

simpleplan.JPG

死霊のはらわたやXYZマーダーズなど、オタク垂涎の作品でお馴染み、サム・ライミ監督が化けたのは、いつからなのだろうか、、シンプル・プランを撮ったあたりからじゃないかな?
「スパイダーマン」でいまや、押しも押されもせぬ「(マスに対して)稼げる監督」の仲間入りをしたわけだが、「シンプル・プラン」ではその萌芽が見える。思いもかけぬ能力が手に入ったとき、それまでの静謐な、平凡なセイカツは脅かされる。これまでの静やかな生活と、新しく手に入った天恵との間で、主人公は煩悶する。

今回のスパイダーマン2も、シンプル・プランも、根底の悩みは酷似している。スパイダーマンのほうが、しつこいくらいに主人公の不幸な境遇を描いている。ま、その合間にも、サムライミらしい脱力な面白シーンが散りばめられてるわけだが。ともかくも、いつまでこの不幸は続くの、もうそろそろ勘弁してやれば?と思わせる。手売りのレコードで田舎町を廻る演歌歌手じゃないんだから。そんなに我慢させてドーするの?
しかし、鬱屈が長かった分、終幕のカタルシスは爽快だった。やはり、スパイダーマン3が期待されてるからかな。
おっと、あまり喋るとネタバレになるので止めときます。。

シンプル・プランも、思いもがけぬ大金を手に入れた主人公の悩みが軸になって描かれている。が、こちらは結局、爽快なエンディングを迎えられなかった。スパイダーマンは最後に「獲得」が期待される(つまり、ハッピーエンドが薄々期待できる作品な)わけだが、シンプル・プランの主人公に待っていたものは「喪失」だった。これ、劇場で見てたら、脱力してまっすぐ家に帰っちゃうね。
ともあれ、人は簡単にカネや思いもかけぬ出来事で変わる。けど、思ったほどは変われないんだなあ、としみじみ感じた。

この夏の暑きにこそ、シンプル・プランで涼感を味わってみてはいかがでしょうか?

|

« 御用だ、誤用だ! | Main | ていたらくオヤジ?殴っておしまいなさい。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/1047411

Listed below are links to weblogs that reference 「シンプル・プラン」-獲得と喪失-:

« 御用だ、誤用だ! | Main | ていたらくオヤジ?殴っておしまいなさい。 »