« 実況:新幹線大停車中。 | Main | すてたい自分、なりたい他人 »

June 25, 2004

冷酷と慈悲の間で

誰しも、冷たいと言われるよりも、優しい人と呼ばれたい。でも、優しさは時として甘さを導き、冷酷さは時として正しさを導くことがあると思う。

いまから500年前、ルネサンス期のイタリアには、人間と組織と権力に対して優れた観察と分析を行なった思索家が居た。その名はニッコロ・マキャベリ。

machiavelli.JPG

彼の犀利たること極まりない名著「君主論」は、組織や人間が行動する上で今なお有効な示唆を提示し続けている。というわけで、、「第17章:冷酷と慈悲について。また恐れられるよりも慕われるほうがよいか、それとも逆か」より。

**********
君主は誰しも、慈悲深く冷酷でないという評判が欲しいものだろう。しかし、冷酷と揶揄されるのを逃れ、過度の慈悲のために無秩序をむざむざ放置してはならない。フィレンツェ市民はその支配下に有ったピストイアの内部抗争を、介入もせず容認していた。ピストイア内部の2つの門閥は互いに長きに渡り争い続けやがて、ピストイアじたいも破滅してしまった。
君主は自らの臣民の結束と忠誠心を保持するためには、冷酷という悪評など意に介してはならない。また、殺戮や略奪の温床となる無秩序を放置するよりも、一握りの見せしめの処罰を下すだけで、はるかに慈悲深い存在になる。無秩序は往々にして住民全体を損なうが、君主による処断は一個人を害する程度で済むからだ。

では、恐れられることと、慕われること。2つに1つを手放すとしたら、どちらなのか?それは、慕われるよりも、恐れられるほうが安全だということがいえる。人間にとっての恩や愛の感情は義務の鎖に繋がれている。そして人間はこれが自分の利害に反すると、すぐにでも断ち切ろうとしてしまう。しかし、恐怖は自分に付きまとって離れない処罰の恐ろしさで繋ぎとめられているのだから。

君主は、慕われないまでも、憎まれることを避けながら、恐れられる存在であるべきだ。恐れられることと、憎まれないことは十分に並立しうるものである。他人の所有物や財産に手を出さない限りにおいて、憎悪は簡単には生まれない。君主たるもの、この感情をうまくコントロールして臣民を統治することが肝要である。
**********

基本的にマキャベリは、性悪説的に人間を捉えているふしがある。ホッブズの言葉を借りれば、各人が自然で平等状態にあるとき、「万人の万人に対する闘争」状態へと陥ってしまうものなのだ。この前提の偏りを差しひいて考えたとしても、極めて面白い洞察だと思う。
ここからは僕の私見だが、政治を後天的に志す人間(少なくとも当時のマキャベリは市井の人間から、フィレンチェ政庁の書記官になるという職業政治への道に入ったわけで)にとって、組織や人間に関するある種の杞憂や、観察眼は研ぎ澄ませるだけ研いでおくべきだろうと思う。若きマキャベリも恐らく、その犀利な人間観察眼は、人間につきまとう、さまざまな挫折や煩悶や怨恨の感情を考え抜いたことから生まれたのではないだろうか。

冷酷と慈悲という態度様式は、それ自体二値的に見えるけど、その影響を及ぼす範囲と時間的な永続性を考えれば、必ずしも慈悲が良い選択ではないってことなんだろうね。。俗な言葉を使えば、安っぽい満足感で、高所大所の幸福を見失ってはいけない、ということなのだろうか・・・。

何はともあれ、マキャベリ。決して権謀という意味ではなく、人間によるアート(技術)としての政治をこのように書き記せることに、ただただ、驚嘆せざるを得ない。冷酷と慈悲、恐怖と憎悪。

往々にしてひとは、身なりの良い詐欺師に騙される。
甘言を以って近づくのはただの甘やかしかも知れず、利己的な心情から発生する慈悲心に利用される。一方で、自分を真に助けるとも知らず、耳障りの悪い言説を聞き入れたくない心情もある。ことの真贋を見抜くのは本当に難しい。

ひとがひとを知る試みには、自分とのたたかいが索漠と背後に広がっている。

|

« 実況:新幹線大停車中。 | Main | すてたい自分、なりたい他人 »

Comments

チトーが良い例でヒトラーは悪い例かな?
どちらも嫌だな。

Posted by: 通りすがり | June 25, 2004 at 05:26 AM

「とりあえずマキアベリは読んでおきなさい」と高校生のころになついていた先生に言われました。わたしの本棚のどこかに「君主論」がたぶんホコリをかぶっています。。。買ったままで読んでません。ダイジェストしていただいてありがとうございます。助かりました!(爆)
わたしはいつもいつも、ただただ口当たりの良い言説は胡散臭いと思っていますし、甘ったるいタッチの人間礼賛!より、しんどいけれどもシビアなマキアベリ的視点を選びたいと願っております。
「わかりやすい」「受け入れられやすい」モノは、きっと複雑で難しい部分を切り捨てているに違いありません。切り捨てられるその濁りの部分を抽出して、そこをうまく仕立てることにこそきっと旨みがあると思うのですが、昨今それを求めるのはたぶん酔狂な趣味なのかもしれませんね(笑)
それではまた。

Posted by: たま | June 26, 2004 at 12:02 AM

>通りすがり様、たま様
コメントありがとうございます!

耳障りの良い言葉、それから「解りやすさ」を売りにしただけの言葉、じつは僕も、そういうものに懐疑的なときがあります。
たまさんの仰るように、「解りやすさ」を主眼に置くと、大事なことをすっ飛ばしてしまう可能性がほんと、大きいんですよね。。
酔狂な趣味でも、僕は時間をかけてじっくり、言葉と意味の根源を探りたいなあ、、と思います。
またよろしくお願いたします!

Posted by: かどぅ | June 26, 2004 at 06:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/835828

Listed below are links to weblogs that reference 冷酷と慈悲の間で:

» 書評:君主論 第1回 [マナヅル日々の雑記帳]
さて、今回取り上げるのはマキアヴェリ(1469-1527)の『君主論』です。 この本についてはそれは何百年も前から様々な議論がされてきましたが、それを踏まえた... [Read More]

Tracked on July 04, 2004 at 12:08 PM

« 実況:新幹線大停車中。 | Main | すてたい自分、なりたい他人 »