« 「スクール・オブ・ロック」 | Main | 犬は吼えるが、 »

June 09, 2004

こいびとフェチ

こい人が好きでしょうがないです。
・・・あ、とは言っても僕のブログで「恋」の話なんて書くわきゃない。

正しくは「濃い人」と言うべきでしょうか、テレビなんかでたまに見かけると、僕のハートの体温計が2~3度の上昇を示しちゃうような、そんな芸能人がおるのです。というわけで・・・

◎原田大二郎: 濃度★★★☆☆

harada_daijiro.jpg

栄えあるトップバッター。さすがに、濃いですね。。>顔
僭越ながら、大物俳優としての腕前もたしかで、映画「敦煌」や「女帝・春日局」でも素晴らしい演じっぷりでした。ただの濃い人で終わらすにはとても勿体無く、理不尽な命令をする暴君なんかを演らせればピカイチの存在感と迫力です。

◎志垣太郎: 濃度★★★★☆

shigaki_taro.JPG

続いては、志垣太郎。はなはだうろ覚えですが、「あかんたれ」。子供の頃は欠かさずみてました。人情ドラマにこの人が出ると、それだけで深みが増してしまうのだから、あら不思議。テレ東大好きな小生としては、土曜夜の旅番組・グルメ番組のレポーターとしても、いい感じ。お昼間のテレビショッピングで商品説明をさせたらば、ダチョウ倶楽部と双璧を為すだろう、そんな妙味ある役者さんです。

◎ルー大柴: 濃度★★★★★

lu_oshiba

「こい、来い、濃い、恋!」((C)氣志團「恋人」)
いやあ、、まさかこのブログでルー大柴を語るとは・・・。あの欽ちゃんも所属している浅井企画のタレントさんですが、最近ではお笑いタレントというよりも、舞台俳優としてのほうが有名でしょうか。(しかし、浅井企画って、関根勤とか車だん吉とか見栄晴とか、、僕のツボを突く役者さんの宝庫ですね・・・)
テレビに出始めたときには既に、いい年したおじさんだったルー。自らを、国際派スターと言い切り、衒いに溢れた饒舌さを見せるルー。ルー、ルー、ルー。もう、ゲップ。CH3CHO(アセトアルデヒド)に例えれば、0.5ppmをかるーく、上回るんじゃないだろか?ともあれ、あのねばりけある感じとアクの強さと、あくなきエネルギーの放出っぷりには軽い感動すら覚えるのは確かである。いつまでも、日本が産んだ国際派スタアとしての気概を忘れないでいて欲しい。

・・・いやはや、ついつい語っちまった。
いずれにしても言えることは、これらのタレントさんが出てきたら、もうそれだけで、僕のチャンネルを変える手が止まってしまうということだ。実に、刮目に値する、一挙一動が気が気でならなくなる、まさに、ツボ。

驚くことに、僕の身の回りで彼らを嫌悪するひとは少なくない。けど、僕は譲りませんよ。彼らの姿をちらと見るだけで、何やら不思議なものがココロに突き刺さる。暖かさとは、熱運動のことじゃあないのかしらん、なんて思ったりもする。

いつでもどこでも効く万能薬なんて、あたしにゃ未だ早い。いま、この瞬間に欲しいのは、特効薬なんだよ。

|

« 「スクール・オブ・ロック」 | Main | 犬は吼えるが、 »

Comments

こい人ですか・・・
薄顔大好きなわたしとしてはすべてNGなんですが。
でも一瞬志垣太郎をモっくんと見間違えた自分にちょっと笑っちゃいました。

Posted by: akari | June 12, 2004 at 01:23 PM

ああ、なるほど。顔が濃いってことっすね。
選んでおきながら、気付かなかった。

確かに、ここで選んだ方々は皆さん顔が濃いですが、
それ以上に、言動が濃いという観点で選びました。

ともすれば、濃い言動はひとに危ぶまれがちですが、
日々リスクを取っているその姿には感動します。
・・・ってな感じで。

akariさんもそういう意味では、濃いですよ。(笑)

Posted by: かどぅ | June 12, 2004 at 03:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/741292

Listed below are links to weblogs that reference こいびとフェチ:

« 「スクール・オブ・ロック」 | Main | 犬は吼えるが、 »