« 蝙蝠の迷走。 | Main | 三人称の自分、一人称の他人。 »

May 23, 2004

映画音痴の映画観

このブログでも頻繁に映画に関して書いているが、実のところ、映画はあまり詳しくない。
・・・というか、ゴダールだヴェンダースだ、のビッグネームについては、あまりにも偉大な先達が評論する対象に祭り上げられてしまっていて、自分ごときが新たな価値観や何かの論評を呈することができないのでは、という気後れ感を持ってしまうこともあるからである。

ともあれ、自分はいわゆる映画通向きの映画評などにはとんと興味がなく、またその評論のための文法もろくすっぽ知らない。そんな自分が、映画を見るときに、とても大事に考えている指標は2つ。

ひとつは、大団円主義。
これはあらゆる表現物に関して言えるのかもしれないが、やはり、めでたく爽快な終わり方はいい。終幕には何かこちらを昂揚させるものを残して欲しいと思う。次のブログで取り上げようと思うが、先日観に行った「スクール・オブ・ロック」も久々にこの大団円を感じたし、「ブルース・ブラザーズ」なんかもまさに、観終えたこちらの爽快感を大事にしていると思う。

いまひとつは、笑えるペーソス。
やはり、感情の高ぶり荒ぶりを表出してこその演技だとは思う。物悲しい表現は古来、演歌の世界の情念としてもおなじみだ。が、それではあまりにも直裁的だろう。ぺダントリーを気取るわけじゃあないけども、いかに哀しい気持ちであっても、それを笑いながら表現してくれるテクニックがある、とこれはもう一級品。

読者観客はバカじゃあない。うまい料理をただ、「うまい、おいしい」なんて言われてても、何の美味しさも伝わらないってんだ。

哀しい感情を泣きで表す直裁さも重要だけど、そこで笑ったら、それこそ僕は泣く。たまにこういう演技に出遭うときはほんとに嬉しく思える。

映画ではないけど、ドラマ「天国への階段」のいち場面。死を決意した加藤雅也が、辛酸をともに舐めてきた社長の佐藤浩市に、タバコを一本貰うや、愛おしそうに味わうシーン。もう、泣きました。繰り返しビデオで観ては泣きました。。

おいっ・・・っと話が映画から少し逸れました。
ま、映画知らずの浅い審美眼かも知れませんが。僕はこういう映画と出会うことをこれからも大事にしたいな、と思ったりもいたします。。

|

« 蝙蝠の迷走。 | Main | 三人称の自分、一人称の他人。 »

Comments

どうも、嫌われているHNを使っている者(苦笑)です。
大団円主義という意味では、賛成ですが、よくありがちな構図になっておらず、新たな大団円を形成してるかどうかがポイントになるかと思います。そういう意味では、笑えるが薄ら寒い不気味さをかもし出す「アンダーグラウンド」辺りがヒットするし、何も食わず嫌いする必要はないのでは。偏見を持たずに「映像そのもの」を見ることが大事だと思います。
ペーソスに関しては、日本独自の感性ですので、色々とありますが、寅さん的ペーソスも良いでしょうが、そろそろ別の角度も欲しいなとは思っていますね。そもそも現代の日本にペーソスを熟成させられる土壌が存在しているかは、かなり微妙ですが。

Posted by: JLG | May 24, 2004 at 12:35 PM

日本映画もだいぶ「笑い」について貪欲になってきたんじゃないかな、って思います。
まあ、やっぱり大手配給の映画は相変わらずのお涙ちょうだい物語が多い気がしますが・・・

でも、大団円じゃない映画もいいものですよ。
って、わたしが暗いからかな・・・
タルコフスキーの「惑星ソラリス」は、とっても大団円らしくない大団円です。
もし観てなかったらぜひ。あ、リメイク版じゃダメですよ。

Posted by: akari | May 24, 2004 at 12:40 PM

JLGさん、akariさん、どうも。

お二方が仰るのはその通りで、ついついの食わず嫌いが、
似た傾向の映画を観ることに繋がってしまうんですよね・・・。

お二方にお勧めいただいたものも、今後、このブログで紹介できるくらい、きちんと見られればと思っております・・。

Posted by: かどぅ | May 30, 2004 at 12:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/642921

Listed below are links to weblogs that reference 映画音痴の映画観:

« 蝙蝠の迷走。 | Main | 三人称の自分、一人称の他人。 »