« こちら、シアトル。午前7時。 | Main | 幸福の質量保存の法則 »

May 04, 2004

アメリカ人にお菓子のワビサビが解るか?

アメリカ滞在3日目。

米国に来ていつも思うのは、「食のバラエティが微妙」ということだ。肉・魚・野菜・・・素材の種類はむしろ日本よりも多いくらいなのに、調理法やテクニックが驚くほど乏しく思われるのは僕だけだろうか??飾り包丁でも入れて見ろってんだ!カツラ剥きしてみろってんだ!なんて思ってしまう。
とりわけバラエティに乏しく感じられるのは『お菓子』。お菓子好き男児・日本代表としては、こちらは許せないものがある。

日本のお菓子は、ある意味で求道者好みの世界だ。
薄塩のり味・コーン味・北海道じゃがバター味・コンソメパンチ味・・・・いったい何種類あるんだ、ポテトチップス。
味つけのバラエティが豊富なことも驚きだが、食感を操作し、おまけのはずの食玩にも異常なほどの細部へのこだわりを見せる。

「板チョコでござぁい。ほら、食え」こんなアメリカ商法じゃあ、日本の消費者はとても満足させられないだろう。

この滞在中にアッと驚くお菓子が発見できることを、少し期待している。

|

« こちら、シアトル。午前7時。 | Main | 幸福の質量保存の法則 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/539919

Listed below are links to weblogs that reference アメリカ人にお菓子のワビサビが解るか?:

» アメリカ人にお菓子のワビサビが解るか? byケンスウ [ちぶろぐ]
アメリカ滞在3日目。 米国に来ていつも思うのは、「食のバラエティが微妙」ということだ。肉・魚・野菜・・・素材の種類はむしろ日本よりも多いくらいなのに、調理... [Read More]

Tracked on May 12, 2004 at 02:17 AM

« こちら、シアトル。午前7時。 | Main | 幸福の質量保存の法則 »