« 自由主義と共同体主義(1/2) | Main | こちら、シアトル。午前7時。 »

May 01, 2004

自由主義と共同体主義(2/2)

とかく、日本の政治といえば、右と左で論じ分けられることが多い。
なるほど確かに、日本では両者ともが相譲らぬ勢力を持ち、それでいて合わせ鏡のように互いが互いを批判し続けてきた経緯があり、判りやすく議論を識別させる、ある意味でリトマス紙のような役割を果たしているのは事実である。しかし、このリトマス紙、時として議論の混沌に陥らせる原因でもあるようにも思われる。

今回のイラクにおける日本人人質事件はこの議論の限界をよく示しており、右と左で論じ分けた瞬間、論理破綻に陥ってしまう。
3人の元・人質に対して、右派(仮に、政府関係筋・産経新聞などとする)は「自己責任」を訴えたが、これはある意味で国家として行なえる機能の限界・放棄を裏付けた発言である。別に国家機能の限界があること自体は間違いではないが、右派としては、「再発を防止するためにも、国家のもつ個人への制約力を最大限に発動すべし」というのがまだ理解しやすい主張だと思うのだが・・・。
一方で、左派(仮に、一部の市民団体・朝日新聞などとする)の主張もまた理解に苦しむ。彼らの多くは、国家による個人生命の保護を訴えたが、保護の裏返しは国家による制約の許可につながらないか?とりわけ、あの状況でイラクに入った人間であれば、一定の思想信条に基づいて行動したわけで、その邦人を救出する行為はある意味で彼らの自由な思想信条に基づく行為を妨害したことになる。左派なら、「本人の思想信条に基づく行動なんだから、その行動の帰結も含めて自由にさせてやれ」というのが常道ではないか?

・・・とまあこんな風に、左と右だけで形勢を読むと、途端に理解不能に陥る。

でも、下記のコラムで書いた、自由主義・共同体主義の枠組みを当てはめれば、どうだろうか?少しは問題に関する靄が晴れませんか?つまり、右と左の議論だけでは、フレームワークとしての切れ味が悪いこともあるのです。

話を自由主義と共同体主義に戻せば、この議論は日常の社会でも十分に機能しうるものである。例えば、会社組織で考えてみると・・・。
自由主義:「個々人ができるだけ自由なワークスタイルで仕事に取り組む」こと、これはモチベーションの向上や組織の拘束度に対する満足感をもたらすことになる。しかし、個々人が完全自由に仕事をすることなど、本来的に可能なのか?短期的には良い成果を挙げられても、組織としての統一感や人材の長期育成には結びつかない恐れもある。また、そもそも完全自由な個々人であったら、「組織」として共同する意味もないかも知れない。
共同体主義:「組織としての統一感を優先して個々人にある種の枠組みを適用する」こと、こうすると、一枚岩の組織が形勢され、組織力が発揮されることもある。が、その中での成員の満足度は?人材の個人的な貢献の尺度をどうはかる?時代に逆行してないか?

まず言っておきたいのは、この両者は結論の出る話ではない、ということだ。
ただ、あらゆる社会や組織は、個々人に対して構造的に影響力を及ぼす存在である(これを、政治社会学の世界で「構造的暴力」と呼ぶが)。これを理解したうえでなお、社会や組織の持つ一定度の調整機能に関してはこれを期待しても良いと思うし、個々人の持つ自由はその調整能力に任せて、精一杯開花しなければならないのだと思う。
また一方で、個人が自由を主張しないことを良いことに、社会や組織は無闇に調整能力を発動させてはいけない(権力があるがゆえに、自制的に振舞う必要がある)ということも重要である。

またいずれかのタイミングで、このブログでも、自由主義・共同体主義に関してはより深く考察を進めたいと思います。

|

« 自由主義と共同体主義(1/2) | Main | こちら、シアトル。午前7時。 »

Comments

<a href=http://www.xn--zwrotypodatkw-mlb.opole.pl>zwrot podatku wielka brytania</a> <a href=http://www.xn--twj-podatek-reb.wroclaw.pl>zwrot podatku anglia</a> <a href=http://www.xn--rozliczenie-podatkw-i5b.bytom.pl>zwrot podatku wielka brytania</a>

Posted by: FarpMarilap | February 04, 2011 at 12:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/521926

Listed below are links to weblogs that reference 自由主義と共同体主義(2/2):

« 自由主義と共同体主義(1/2) | Main | こちら、シアトル。午前7時。 »