« 贋物はその努力にこそ、華がある | Main | 土方らしさ、爆発! »

April 04, 2004

稼げる学問、稼げない学問

二十年は経とうかという愛車・ミラージュで先生は現れた。ちょっと急な坂道だとエンストしちゃうくらいの年代モノだ。

大学の政治思想ゼミの同窓会が先日行なわれたが、変わらず清貧を貫かれている先生の姿には心からの敬意の念を感じる。国内外の政治思想学会の重鎮でいらっしゃるのに、少しも近寄りがたい居丈高さや威圧感を感じさせない。「オープン・ドア」なところも、昔のままである。

大学の教授に対する考えが変わったのは、某大学を訪問したときだ。派手な外車に乗り、売れる本を書き、テレビに出ては若い学生たちにキャッキャ言われる。むしろ、こちらの方がいまどきっぽくて普通だろう。

意識されているかどうかは別にして、先生は「清貧」を続けていらっしゃった。淡々と僕ら一人一人のその後の進路や、卒業してからの経験などの顛末に耳を傾けてくださる。

巷では手軽に、気軽にモノゴトを学ぶことが持て囃される。「電車の中で解るマキャベリ」だったり、「経営学で使える、クラウゼビッツ戦争論」だったり、「90分でわかる政治思想」だったり。

だけど、簡単に答えが出ない、解らない、難しいことだからこそ、何年かかっても学びたい。先生を見て、そう思った。
植木枝盛には怒られそうだけど、頑張って「マージナルな知」に少しでも近づきたいです。

|

« 贋物はその努力にこそ、華がある | Main | 土方らしさ、爆発! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/395393

Listed below are links to weblogs that reference 稼げる学問、稼げない学問:

« 贋物はその努力にこそ、華がある | Main | 土方らしさ、爆発! »