« 幹事長、美味そうっすね・・・って!? | Main | 贋物はその努力にこそ、華がある »

April 04, 2004

「自分らしさ」幻想を超えて:平凡を愉しむ器量

ブラコン堂日乗:自分らしさ・・・

TBありがとうございます。

なんというか、この時代、「平凡であることへの恐怖感」みたいなものが、多くのひとびとを悩ませている気がします(小生を含めて)。「自分は何者とも違う、オリジナルな存在でいたい」ということを、過剰に迫られ、自分自身に課すからかも知れませんが・・・。
先ごろ、芥川賞を受賞された若手女性作家の「ピアス某」を読むにつけても、ここまで赤裸々に自己の内面を抉らなければ、人々に「面白い」と思わせられないものか、と愕然としてしまった感があります。

ただ僕の場合には、平凡な日常の中にある狂気だったり、常識人の持つ何かおかしな執着心だったりのほうが、よほど面白く感じるような気がしますが(もちろん私見)。
「自分らしさ」を探せなくても、無用の焦燥感に駆らせないこと、「平凡であることの恐怖心」から解放する方法は無いか、僕自身考える日々ではあります。。

|

« 幹事長、美味そうっすね・・・って!? | Main | 贋物はその努力にこそ、華がある »

Comments

わたしは常々「自分って平凡な人間だなぁ」と
思っています。
そんな自分も結構好きだったり。
わたしはなにか偉業を成し遂げられる器でも
ないし、どでかい悪事を遂行できる人間でも
ないし。
「平凡」いいことじゃないですか。
そんなことで焦燥感を感じるくらいなら、もっと
別のことで焦った方がいいな、って思ったり
します。
まあ、焦燥感etcを自由にコントロールできる
人間なんていないんでしょうけどね。
わたしはとりあえず「もっと真面目に生きなきゃ」
ってことに焦燥感を感じます(w

Posted by: akari | April 06, 2004 at 10:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/395205

Listed below are links to weblogs that reference 「自分らしさ」幻想を超えて:平凡を愉しむ器量:

« 幹事長、美味そうっすね・・・って!? | Main | 贋物はその努力にこそ、華がある »