« 「客いじり芸」に物申す! | Main | 自民党への就職!? »

April 27, 2004

「客いじり芸」の名人

「『客いじり芸』は芸として認めんぞ!!」と言わんばかりの勢いで、昨日のコラムを綴ってみたが、よくよく考えれば、僕にも大好きな客いじり芸人というのは存在する。というわけで、今回は客いじり芸の名人をば取り上げてみたい。

[客いじり(名)]-お客さんを舞台に上げて、お客の面白さに付けこんで笑いを取る行為、である。

まずは、マギー司郎。
マジック・奇術絡みの芸は全般的に、お客さんのリアクションと双方向性が命だと思う。とりわけ、マギー師匠はあの朴訥さとマジックの単純さ(もちろん計算づくだが)を以って、お客の芸に対するハードルや声の掛けにくさの気負いを軽減している。
WAHAHA本舗の梅垣義明の場合、あの豆を飛ばす芸でお客の心をがっちり(?)とキャッチしている。やはり、多少の低俗っぽさは芸には必要なのだということを解らせてくれる。
そして、ボクが敬愛してやまないのは、ケーシー高峰。いや、ケーシー師匠。
このひとは凄い。いまでは、正月か年末くらいしか医学漫談を見ることはなくなったが、あれほどお客さんを上手に扱うのは彼くらいのものだろう。お客を病人にしたて上げ、また指されたお客自身も病人になった自分を嬉々として演じてしまう。さすがだ。

いずれの客いじり名人にも言えることは、自分の世界(得意な領域)を持った上で、客いじりを完遂している点である。マギー師匠のマジック、梅垣師匠の豆飛ばし、ケーシー師匠の医者漫談。いずれも、その世界のパイオニアではないか。
だからこそ思うのは、客いじり芸は難しいということだ。そうとうに確立した個性がない限り、下手な客いじりはただの学級会のお笑いに堕落してしまう危険を持つのではないだろうか。

|

« 「客いじり芸」に物申す! | Main | 自民党への就職!? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24481/502650

Listed below are links to weblogs that reference 「客いじり芸」の名人:

« 「客いじり芸」に物申す! | Main | 自民党への就職!? »